時計のメンテナンス

1. 時計に傷をつけないように気を付ける

潤滑油は長持ちせず、時間がたつにつれて乾燥します。時計の精度や長持ちの動きを守るために定期的に潤滑油の使用ください。リューズを巻いて動かしたら、潤滑油は正確に広がります。時計は引き出しにしまったままにしないで、定期的な使用と巻き上げをおすすめします。

2. お手入れ方法 (洗剤不可!)

汚れが付いた時計は見た目は良くありません。更に小さな砕片が内部に侵入することがあります。お手入れする際に、リューズに傷がないのを確認してから、優しく時計を洗いましょう。革のストラップが濡れないようにご注意を。洗剤は一切使わないでください。洗剤に含まれている小さな分子が時計の内部に入ってしまったら、故障の原因になる可能性がございます。

3. 時刻を合わせる時の注意点

午後9:00から翌日午前3:00の間に時刻を合わせないでください。この時間帯に無理に針を動かすと故障の原因になる可能性がございます。午前または午後の5:00頃に時刻を合わせるのをおすすめします。

4. 磁場を避ける

磁場は時計の敵であり、強い磁場(アンプリファイアーとか)に時計を長く置いておくと、時計の精度が低下してしまいます。

5. ご購入時の箱に保管する

時計を使用していないときは、購入時の箱に保管、または時計用の箱に保管するのをおすすめします。ほこりは溜りにくくなり、ストラップの元の形は守ることができます

6. 激しい使い方を避ける

時計は、主にヴィンテージの時計、時代をわたってくるんですが、永遠であるとは限らないのです。激しい使い方をしないでください。スポーツ活動中やシャワーを浴びる時に時計の使用を避けるようおすすめします。時計は良い友達であるため、正確な世話をしましょう。